蹴る

SNS

予告編
— TRAILER —

イントロダクション
— INTRODUCTION —

イントロダクション

映画『蹴る』ついに完成!
足で蹴らないサッカーに、人生を賭ける日々

重度の障害を抱えながら、電動車椅子サッカーW杯出場にすべてをかける選手たちを6年におよび撮影した長編ドキュメンタリー。 日本代表を目指す日々の闘いや、日常生活に垣間見せる人生の苦悩や恋愛模様、競技にかける彼らの想いや葛藤。 その生きざまをも描き出す。

中村監督より
— DIRECTER’S STATEMENT —

電動車椅子サッカーは「生きることそのもの」

2011年7月、電動車椅子サッカー日本代表の強化試合。私の目は唯一の女性選手、永岡真理に釘づけになった。彼女と初めて相対した私は思わず口走った。「あなたは今後日本代表に選ばれると思う。4年後のワールドカップにチャレンジする姿を是非撮らせてほしい」。
そこから資金のあてもないまま独りで撮影を開始した。選手たちの障害を知るため、資格を取り介護の仕事も始めた。ワールドカップが2年延期になったことで、撮影期間は6年以上に。その分選手たちとの信頼関係が深まり、本音をさらけ出してもらえるようになった。

中村監督より

選手たちの障害、プレースタイルや性格は様々だが、共通するのは競技に対する想いの強さ。そんな選手たちの想いを映像に刻み込みたい、その一心で撮影に打ち込んだ。
この映画を通して、電動車椅子サッカーの魅力を多くの人に知ってほしい。選手たちの想いを感じてほしい。生きる姿に目を向けてほしい。きっと“障害者”に対する見方も変わるはずだ。

コメント
— COMMENTS —

ワールドカップ・フランス大会が終わった失意の中、出会ったのが電動車椅子サッカーの仲間だった。
医者に止められてもプレーを続ける姿に背中を押されて私はピッチに戻った。

彼らの真剣さ、勇気を受け止めてください。

岡田武史(FC今治オーナー)

「生きているということが当たり前だと思わずに生活しています」という肉声が胸に刺さった。
「蹴る」ことはすなわち彼ら、彼女らにとってはすなわち「生きる」ことなのだ。壮絶な蹴り様、生き様を中村和彦監督はここに刻印した。

木村元彦(ノンフィクションライター)

電動車いす歴30年以上を誇る私なら、そこそこやれるだろうと挑んでみた。ところが、まったく歯が立たなかった。
電動車いすで、あれほどの迫力と躍動感を生み出せるなんて脱帽!!

乙武洋匡(作家)

クラウドファンディング
— CROWDFUNDING —

電動車椅子サッカーに人生を賭ける選手たちを応援したい!
クラウドファンディングサポーター募集
クラウドファンディング

6年間の苦闘の末、電動車椅子サッカードキュメンタリー映画『蹴る』は完成しました。 しかし、このままでは、“知る人のみが知る” だけの作品になってしまいます。

この作品を通じてひとりでも多くの方へ《電動車椅子サッカーに人生を賭ける選手たちの生きざま》と《電動車椅子サッカーの魅力》を伝える為に配給宣伝費をクラウドファンディングで募ることになりました。

是非、みんなで協力して、選手たちの頑張りを応援し、電動車椅子サッカーの魅力を発信していきましょう!

劇場情報
— THEATER —

日程 地域 画館・上映会 全国共通特別鑑賞券
2月16日or17日 神奈川 ヨコハマ・フットボール映画祭 使用可
横浜開港記念会館 横浜市中区日本大通35番地
お問合せ先 090-9648-5837
東京 ポレポレ東中野 使用可
東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル地下
TEL 03-3371-0088
FAX 03-3362-0083
各上映の詳細は、日程をクリックしてください

クレジット
— CREDIT —

電動車椅子サッカードキュメンタリー「蹴る」
監督:中村和彦(「プライドinブルー」「アイ・コンタクト」「MARCH」)

出演:永岡真理 東武範 北沢洋平

プロデューサー:中村和彦 森内康博 撮影:堺斗志文

製作:「蹴る」製作委員会 配給:「蹴る」製作委員会+ヨコハマ・フットボール映画祭

後援:(公財)日本サッカー協会 (公財)日本障がい者スポーツ協会 (一社)日本障がい者サッカー連盟 (一社)日本電動車椅子サッカー協会 (特非)日本ブラインドサッカー協会 (一社)横浜医師会 (一社)日本筋ジストロフィー協会 (一社)全国肢体不自由児者父母の会連絡会 SMA家族の会

1時間58分 日本語 2018年 日本映画

©「蹴る」製作委員会